毎日開催Amazonタイムセール情報 コチラから

WP Revisions Controlの設定方法

この記事では、WordPressでサイト運営時、知らずにいると無限に溜まってしまうリビジョンデータを簡単に制限できるプラグイン、「WP Revisions Control」の設定方法について解説します。

リビジョンデータを削除したことでサイトの速度が上がったという方もいるようですから、不要なリビジョンデータが溜まらないように制限を掛けることをおすすめします。

「そもそもリビジョンデータって何」という方はこちらの記事を参照ください。

目次

WP Revisions Controlとは

デフォルトWordPressでは記事を執筆・編集した際にリビジョンデータが無限に蓄積されます。「WP Revisions Control」はこの無限に溜まるリビジョンデータの量を簡単に制限できるプラグインです。プラグインを有効化して設定を行った場合、それ以降に蓄積されるリビジョンデータを制限することができます。

WP Revisions Control

WordPressテーマ「SWELL」のホームページでは、WP Revisions Controlが導入推奨プラグインとして紹介されています。

しかし、お使いのWordPressテーマ、サーバー、データベースの要件、WordPressのバージョンによっては不具合や問題が起きたりする場合もあり得ますので、ご自身の環境で利用可能であるかどうか、プラグインの公式ページなどで一度確認されてから導入することをおすすめします。

WP Revisions Controlのインストール

WordPress管理画面から「プラグイン」「新規追加」の順でクリックし、検索窓に「WP Revisions Control」と入力。「WP Revisions Control」が表示されたら「今すぐインストール」をクリックして、インストールが完了後プラグインを「有効化」してください。

そもそもプラグインのインストールが初めてで、上記説明でもやり方がわからないという方はこちらの記事を参照ください。

WP Revisions Controlの設定方法

WP Revisions Controlの有効化が完了したら、WordPressの管理画面から「設定」「投稿設定」の順にクリックし、表示された画面を下へスクロールしてください。WP Revisions Controlという項目が表示されているはずです(表示されない場合は、プラグインの有効化を忘れていると思われます)。

WP Revisions Controlという項目の下に投稿、固定ページ、カスタムCSSの欄が表示されます。

「投稿」「固定ページ」「カスタムCSS」の欄に数値を入力します。お好きな値で良いのですが私は全て「5」にしています(リビジョンデータを5つ迄保存しますよという意味)。

【サイト管理人の設定例】
投稿:5
固定ページ:5
カスタムCSS:5

数値を入力したら忘れずに「変更を保存」をクリックしましょう。

以上でWP Revisions Controlの設定は完了です。

過去のリビジョンデータを削除したい場合

WP Revisions Controlは設定後のリビジョンデータを制御してくれますが、導入以前に蓄積されたリビジョンデータを削除することはできません。

既に蓄積されてしまったリビジョンデータを削除するには「WP-Sweep」というプラグインを使います。無料で利用でき、リビジョンデータの削除後はプラグインをアンインストールしても問題ないので気軽にリビジョンデータの削除を行えます。

こちらの記事で方法を解説していますのでよろしければ参照ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる