毎日開催Amazonタイムセール情報 コチラから

【マイクラJE】tp(テレポート)コマンドの使い方

この記事では、Minecraft Java Editionで使用可能なテレポート用コマンド、tpコマンドについて解説します。

目次

tp(テレポート)コマンドとは

tpとはTeleportの略で、つまりtpコマンドとはテレポートコマンドのことを指します。tpコマンドを使うことで、特定の座標にテレポートしたり、特定の人の元へテレポートできます。

tpコマンドで生成されていないチャンク(座標)を指定してテレポートすると、テレポート後にチャンクが生成されます。このように他のコマンドとは異なり、チャンク生成が後にくる特殊なコマンドでもあります。

/tpコマンドと/teleportの違い

この二つのコマンドの違いは、/tpコマンドは対象基準のコマンドであるのに対して、/teleportコマンドはコマンドを実行した場所基準であることです。またこの違いはMinecraft JE特有のもので、BEでは無いとされています。

tpコマンドの構文

tpコマンドの構文は主に以下の2つです。

/tp [移動させる対象] <行先>

/tp [移動させる対象] <x> <y> <z>

/tp [移動させる対象] <x> <y> <z> [<y軸回転> <x軸回転>]
#このコマンドはあまり使わない
  • [移動させる対象]と<行先>にはプレイヤーIDが入ります。[移動させる対象]は省略可能。省略した場合コマンド実行者がテレポートする。
  • <x><y><z>には座標の数値が入ります。座標を見るにはF3キー。F3キーの解説はこちら
  • <y軸回転>は水平回転。北向きは-180.0、南向きは0.0、東向きは-90.0、西向きは90.0。
  • <x軸回転>は垂直回転。真上を向くには-90.0、真下を向くには90.0。

tpコマンド使用例

/tp hyoizaburo YuiYui
#hyoizaburoをYuiYuiの場所にテレポート

/tp @a @p
#全てのプレイヤーを自分の場所に集合させる、@~はターゲットセレクターと呼ばれるもの

/tp megumin 10 20 30
#meguminをx座標10、y座標20、z座標30の場所にテレポート

/tp yunyun 10 ~5 30
#yunyunをx座標10、y座標5ブロック分先、z座標30にテレポート

/tp chunchummaru 10 20 30 [<-180.0> <-90.0>]
#chunchummaruをx座標10、y座標20、z座標30に北向き真上向きでテレポート

tpコマンドでエラーが返ってきた場合の原因

tpコマンドを使用して返ってきた結果がエラーであった場合、考えられる原因としては以下があります。

  1. 引数の間違い。
  2. [移動させる対象]が確認できない。
  3. <行先>が確認できない。
  4. [移動させる対象]と<行先>が同じディメンション内に存在しない。

現在、ディメンションとは、オーバーワールド、ネザーオーバーワールド、ジ・エンドオーバーワールドの3つを指します。つまり4の「[移動させる対象]と<行先>が同じディメンション内に存在しない」とは、オーバーワールドとネザーオーバーワールドを行き来しようとしている場合などにおきます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる