毎日開催Amazonタイムセール情報 コチラから

【マイクラ】軽量化MOD OptiFineとは?導入方法も含めまとめてみた

Minecraft Java版の魅力の一つとして、MODを追加可能であるという点があると思います。

しかし、環境によっては、MODを導入することでMinecraftの動作が重くなる場合があります。

この際の対処法として、軽量化MODを導入する方法があります。

この記事では、軽量化MODとして有名なOptiFineについて、導入方法も合わせて解説しています。OptiFineの導入手順を説明する際には、画像付きでの丁寧な説明をしていますので、根気良く作業を行っていただけたらと思います。

なお当記事では、OptiFineの導入方法を3通り紹介しています。「バニラに直接導入する方法」「Minecraft Forge併用時の導入方法」「Fabric併用時の導入方法」です。目次にて必要な導入方法を探しクリックすることで、目的の項目までジャンプできますのでよろしければご利用ください。

目次

軽量化MOD OptiFineとは?

軽量化MOD OptiFineとは、パソコンのスペックが問題でMinecraftの動作が重い場合に、描画処理に様々な設定を追加することでプレイ中のパフォーマンスを向上させるものです。導入するだけでパフォーマンス向上に効果があります。

Minecraft1.7.10以降のOptifineにはShaders Modの機能が追加され、Shader Packが利用可能となっています。最近ではこれら以外の機能も付属しているため、一部のリソースパックではOptiFineの導入が必須のものもあります。

ただし、OptiFineの性質上、描画処理に影響を与える同系統のMODとは高確率で競合を起こすといわれています。

Optifineの最新対応状況【追記2020/05/07】

【2020/05/05最新アップデート】

制作者sp614x
公式サイト(配布場所)OptiFine(公式配布場所)
MINECRAFT対応バージョンPreview versions(最新版) 1.15.2 HD U G1 pre16
Recommended(安定版) 1.14.4 HD U F5
前提MOD
Optifineの最新対応状況

導入前に行う、Minecraftの動作確認

OptiFineの導入を始める前にMinecraftの動作確認を行っておきましょう。

特にマイクラで初めて遊ぶバージョンのOptiFineを導入する場合、事前にMinecraftの動作確認を行っておくことで、万が一OptiFineを導入したことにより何かしらのトラブル(障害)が生じた際に原因を究明しやすくなります。

動作確認の方法についてご存じない方は、過去にこちらの記事で解説していますのでよろしければ参考にしてください。

軽量化MOD OptiFineの導入方法

前述の通り、OptiFineの導入方法を当記事では3通り解説します。作業の流れは以下です(2~4は好きな方法を選んでください)。

  1. OptiFineのダウンロード
  2. Minecraftバニラに直接導入する方法
  3. Minecraft Forge併用時の導入方法
  4. Fabric併用時の導入方法
  5. OptiFineが正しく導入されたかを確認する方法

Minecraft ForgeやFabric自体の導入方法についても案内を付けておきますので、ご不明な方は参考にしてください。

また、当記事ではOptiFine 1.14.4を例に導入方法を紹介しますが、安定版はどのバージョンでも導入方法は一緒ですのでご安心ください。

最新版(Preview versions)をお求めの方は、OptiFine公式配布サイトのトップページにて、左上、「Preview versions」をクリックしてください。すると一覧が表示されるので、その中の一番上(最新のもの)を選択してください。以降の導入方法は安定版と同じです。

optifine-1

OptiFineのダウンロード

こちらのボタンリンクよりOptiFineの公式サイトへ飛べます。

OptiFine公式サイトではバージョン1.7以前のリンクが削除されています。バージョン1.7以前をお求めの方は、作者の方がMinecraft公式フォーラムに過去バージョンのリンクを載せてくれていますので、そちらをご利用ください。

※OptiFineをダウンロードする過程で、広告が表示されることが多々あります。間違えてクリックしても焦らずに、ダウンロード止まっているようでしたら、一度ブラウザを閉じてから再びやり直してください。

まずOptiFine公式サイトにアクセスして、導入したいMinecraftのバージョン(解説例は1.14.4)を探し、一番上の「Download」と書かれたリンクをクリックしてください。

optifine-2

「Download」リンクをクリック後に全画面広告が表示されます。ここで注目するのは右上の数字のカウント。5、6秒からカウントが始まり、0秒になるまでは何も触らずに待ちましょう。0秒になったことを確認したら、「Skip」をクリック。

optifine-3
optifine-4

画面が切り替わりOptiFineのダウンロードページが表示されます。表示されたら青テキストのリンク「Download Optifine_…」をクリック。するとダウンロードが開始されます。

optifine-5

ダウンロードしたファイルは後程使いますので、デスクトップ画面等のわかりやすい場所に置いてください。

ChromeなどのブラウザでJavaファイルや実行ファイルをダウンロードした際、「この種類のファイルはコンピューターに危害を与える可能性があります」といった警告が出る場合があります。これは、ファイルが何かしらの機能拡張等を目的としているためです。これに同意できる場合は「保存」をクリックしてください。「保存」をクリックしますとダウンロードが完了します。

続いて、OptiFineのインストールを行っていきます。移動リンクを用意しましたので、よろしければお使いください。

【移動リンク】
Minecraftのバニラに直接導入する方法
Minecraft Forge併用時の導入方法
Fabric併用時の導入方法

Minecraftのバニラに直接導入する方法

先程ダウンロードした.jarファイルを開きます。ファイルをクリック。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roming\.minecraft

保存先のフォルダ名が上記のようになっていることを確認し、「Install」をクリック。
※フォルダ名が異なっている場合は、過去に自分でデフォルトの保存先を変更した可能性が高いです。よくわからない、けど上記の保存先にしたいという方は、同ウィンドウにある「…」をクリックし上記フォルダ名を指定してください。

optifine-6

インストールが完了したら「OK」をクリック。

optifine-7

以上でOptiFineの「Minecraftバニラへの直接導入」は完了です。

最後にMinecraftを起動して、OptiFineが正しく導入されているかの確認をしておきましょう。

【移動リンク】
OptiFine導入確認の方法

Minecraft Forge併用時の導入方法

ここでの作業には、Minecraft Forgeが導入されている必要があります。導入がまだの方は、先にMinecraft Forgeの導入を行ってください。Minecraft Forgeについて詳しく知りたい、導入方法がわからないという方は、こちらの記事を閲覧ください。

また、Forgeで作成したマイクラのバージョンファイルの「保存先がデフォルトの方」と「Game Directoryを設定した方」で、以下の作業が異なります。タブ切り替えでそれぞれの方法がご覧になれます。

※こちらは「デフォルトの方」用です。

まずは「.minecraft」がインストールされているフォルダを開きます。

「Windowsキー」+「Rキー」で出てくるウィンドウに「%AppData%\.minecraft」と入力し「OK」をクリック。

optifine-8

開いたフォルダ内に「mods」というフォルダがあるのでそれをクリック。「mods」フォルダを開いたら、先程ダウンロードしたOptiFineの.jarファイルを「ドラッグ&ドロップ」してください。

optifine-9

上画像のように「.minecraft」以下の「mods」フォルダにOptiFineの.jarファイルを入れたらForgeへの導入は完了です。

以上でOptiFineの「Minecraft Forge併用時の導入」は完了です。

最後にMinecraftを起動して、OptiFineが正しく導入されているかの確認をしておきましょう。

【移動リンク】
OptiFine導入確認の方法

Fabric併用時の導入方法

ここでの作業には、Fabricが導入されている必要があります。導入がまだの方は、先にFabricの導入を行ってください。Fabricについて詳しく知りたい、導入方法がわからないという方は、こちらの記事を閲覧ください。

続いてOptiFineの導入に移りたいのですが、その前に、Fabric併用時は「FabricとFabric API」に加え「OptiFabric」が必要となります。

Optifabric a mod that can be used to run Optifine on the Fabric Mod Loader. It does this by taking the official optifine mod and making it compatible with the Fabric Mod Loader at runtime.

OptiFabricとは(OptiFabric公式)

ですので作業の流れは下記のようになります。

  1. OptiFabricのダウンロード
  2. OptiFabricとOptiFineの導入

それではやっていきましょう。

OptiFabricのダウンロード

こちらがOptiFabricの公式配布サイトのリンクです。

公式サイトの中の「Main File」と書かれたエリア右側にある「Download」をクリックすると最新バージョン(安定版)をダウンロードできます。ただし注意点があり、必ず「Game Version」が自分の目的とするバージョンと一致しているかどうか(今回の場合は1.14.4)、ここに注意してください。

【画像は2020/04/04現在】

optifine-12

もし目的バージョンが「Main file」エリアにない場合は、画面をスクロールして「Recent Files」エリアを探してみてください。「View All」をクリックするとダウンロード可能な全てのバージョンファイルが表示されます。

optifine-13

「Type」欄に記されている「B」や「R」の表記は「Beta版」「Recommended版」の意味です。

Main Fileからダウンロードする方は「Download」を、Recent Filesからダウンロードする方は「↓(下矢印のマーク)」をクリックしてください。

クリックすると画面が切り替わり、5秒のカウントダウン後にファイルがダウンロードされます。その間広告などはクリックしないでおきましょう。

ChromeなどのブラウザでJavaファイルや実行ファイルをダウンロードした際、「この種類のファイルはコンピューターに危害を与える可能性があります」といった警告が出る場合があります。これは、ファイルが何かしらの機能拡張等を目的としているためです。これに同意できる場合は「保存」をクリックしてください。「保存」をクリックしますとダウンロードが完了します。

ダウンロードが完了しましたら、先程OptiFineをダウンロードした時と同じく、ダウンロードした.jarファイルをデスクトップなどのわかりやすい所にドラッグ&ドロップで置いておいてください。

OptiFineとOptiFabricの導入(インストール)

続いて「OptiFine」と「OptiFabric」の導入(インストール)を行っていきます。

また、Fabricで作成したマイクラのバージョンファイルの「保存先がデフォルトの方」と「Game Directoryを設定した方」で、以下の作業が異なります。タブ切り替えでそれぞれの方法がご覧になれます。

※こちらは「保存先がデフォルトの方」用です。

まずは「.minecraft」がインストールされているフォルダを開きます。

「Windowsキー」+「Rキー」で出てくるウィンドウに「%AppData%\.minecraft」と入力し「OK」をクリック。

optifine-8

開いたフォルダ内に「mods」というフォルダがあるのでそれをクリック。「mods」フォルダを開いたら、先程ダウンロードしたOptiFineとOptifabricの.jarファイルを「ドラッグ&ドロップ」してください。

「.minecraft」以下の「mods」フォルダにOptiFineとOptifabricの.jarファイルを入れたらFabricへの導入は完了です。

以上でOptiFineの「Fabric併用時の導入」は完了です。

最後にMinecraftを起動して、OptiFineが正しく導入されているかの確認をしておきましょう。

OptiFineが正しく導入されているかの確認方法

最後に、これまでの作業でOptiFineが正しく導入されているかの確認を行いましょう。

確認方法は、「バニラに直接導入する方法」「Minecraft Forge併用時の導入方法」「Fabric併用時の導入方法」それぞれ異なります。この点に注意して導入確認を行ってください。

※当てはまるタブをクリックしてください。

※こちらは「バニラに直接導入」を行った方用の確認方法です。

まず、MINECRAFTランチャーを起動します。起動した後、「OptiFine」と表示されているプロファイルを選択。「プレイ」をクリックしてマイクラを起動させます。

optifine-18

マイクラが起動したら、「設定」をクリック。

optifine-17

「ビデオ設定…」をクリック。

optifine-20

画面左下に「OptiFine HD …」と表示されていれば導入完了です。

optifine-21

軽量化MOD OptiFineを使ったMinecraft内での軽量化設定

導入が完了すれば作業は終わりなのですが、こだわりたい方向けにOptiFineの設定項目について、この場所にて少しだけ話しておきます。

OptiFineは初期の設定(導入するだけ)のみでパフォーマンス向上に効果があります。しかし、各設定を変更することでより向上させることも可能です。

OptiFineの設定項目は非常に多岐にわたります。また高頻度で機能の追加等が行われます。ですので、詳しく知りたいという方は、OptiFineの設定項目について詳しく書かれているwikiを参照することをおすすめします。

最後に

以上で、軽量化MOD OptiFineの導入のための解説は終わりです。

当記事で疑問が解消されていれば幸いです。

また当サイトはマイクラに関する記事を、今回紹介したもの以外にも投稿しています。ページ右側のMINECRAFTカテゴリなどから、当サイトにあるマイクラの記事一覧を見ることができますので、よろしければご利用ください。

また、OptiFineを導入したのであれば影MODの導入についても検討されると思います。当サイトでは過去に影MOD『SEUS』や『BSL』の導入方法について記事にしていますので、よろしければご利用ください。

それではまた次回の記事で。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる